基礎知識

ウェディングドレスをオーダーするメリット

自分だけの特別なドレスをオーダーしよう

ドレスをレンタルじゃなく自分でオーダーするメリットは、やはり自分だけの特別なドレスを作れるという所でしょう。 デザインも幅広く選べて既製のタイプから部分的にオーダーしたり、全てオーダーする事まで自由に出来ます。

それぞれのショップにより、料金は異なりますが安いものでおよそ10万円程から購入できます。 この場合、レンタルするのとあまり変わらない料金なので手頃ですよね。

さらに、自分以外には着る事がないので海外ウェディングにも持ち運びやすいのがメリットです。 また、前撮りにも自由に使えるので地元の友達などの撮影でも着ることができますよ!

たった一つのウェディングドレス

結婚式は男性・女性の両方にとって大事なイベントですが、特に女性にとっては生活を大きく転換させるきっかけとなるメモリアルなイベントです。 その結婚式の際の衣装であるウェディングドレスは、女性ならばこだわらずにはいられないアイテムの最たる物だと言えます。

ウェディングドレスをレンタルで済ます人も多いですが、世の中には一から十まで全て自分の希望通りのウェディングドレスを作成出来る「フルオーダーメイド」のウェディングドレス専門店があります。 そのフルオーダーメイドのお店を利用すれば、自分だけのウェディングドレスを作り出す事が可能となるのです。

オーダーメイドの相談は無料

生地選びからデザインの細かいディティールまでを詳細に決めて行くフルオーダーメイド。 一つのウェディングドレスを0から作り上げて行くのですから、当然、既製品のドレスを購入するよりも高額な費用が掛ってしまいます。

フルオーダーメイドを依頼する際には、その前に入念な下調べが必要です。 フルオーダーメイドをした時に実際に掛る費用の見積もりを行ってもらった上で、本当に依頼をするのが正しい道順と言えます。

大阪にあるフルオーダーメイドのウェディングドレス専門店でも「相談は無料」としている所が多いですので、気になる人はまずは相談から始めると良いです。

大阪でフルオーダーが出来るお店について

ウェディングドレスを始めとした、ドレス各種を扱っているお店が多く軒を連ねている大阪には、当然のごとく、フルオーダーメイドでウェディングドレスを仕立ててくれる専門店も存在しています。

フルオーダーメイドですので、依頼をして翌日にはすぐにウェディングドレスが完成しているというわけにはいかず、依頼からドレスの完成までには2カ月~3カ月の日数を必要としています。

ウェディングドレスのラインって?

挙式で新婦さんが着るものと言うとウエディングドレスの印象が強いものです。 しかし、一言でウェデイングドレスと言っても様々な種類がある事を理解しておきましょう。 Aラインやプリンセスラインなどといったラインと呼ばれるタイプ別に分けられたり、他にもロングトレーンや刺繍など実に様々な種類があるのです。

Aラインと呼ばれるタイプのドレスはその名前の通り、アルファベットの「A」みたいに腰のラインから裾にかけて直線上にスカートが広がっている最もオーソドックスのデザインのものの事です。 これは縦に強調されているので身長を高く見せる事が出来て、とくに腰の位置が高くなっているので脚長効果があります。

続いてプリンセスラインですが、これは上半身は腰までしっかりフィットしており腰下からのスカートはギャザーなどが施されてフワッと広がっているタイプのドレスになります。 このタイプは腰のラインをスッキリと細く見せる事が出来るので体型を問わずに選ぶ事が出来ます。

さらにマーメイドラインですが、これは上半身から腰、さらに膝辺りまで全て体にフィットしているものです。そして膝下からはフレアなどのデザインで裾が大きく広がっているドレスの事です。 誰でも良いですが、基本的には身長が高くてグラマーなスタイルの女性に良く似合うタイプになっています。

       

大阪のオーダーできるウェディングドレス人気ショップ一覧

Marry me(マリー ミー)

人気のドレスショップMarry meとは? 多くのメディアにも取り上げられていて、特にブラダル誌には主役級の勢いで取り上げられる事も珍しくなくなったMarry…続きを読む

プラチナドレススタイル

プラチナドレススタイルはウェディングには欠かせない主役を後押ししてくれる プラチナドレススタイルは、結婚式の後のパーティーに向けたドレスを提供しているショ…続きを読む

ブライダル ヒロ

人気のブライダルレンタルドレスショップならブライダル ヒロ ブライダル ヒロは、千着以上ものドレスを常時揃えているブライダルにはうってつけのレンタルドレス…続きを読む

ヴィーヴ・ラ・マリエ

ヴィーヴ・ラ・マリエは一着一着手作りのオリジナルオーダードレスが手に入る! ヴィーヴ・ラ・マリエは、国産の素材はもちろん、海外の上質な素材を使用して花嫁さ…続きを読む

アンナン ウェディング

アンナン ウェディングは二次会ドレスに関してはプロ級の販売専門店 通常結婚式の二次会には、普段着やちょっとフォーマルなスタイルで参加する事が多いと思います…続きを読む

フェリーチェヴィータ × ベリッシマ

フェリーチェヴィータ×ベリッシマは幅広い花嫁のニーズに対応 フェリーチェヴィータ×ベリッシマは元々は、フェリーチェヴィータのスウィートエレガントなコンセプ…続きを読む

シンデレラ・アンド・コー

シンデレラ・アンド・コーはとにかく上品なドレスが特徴的です シンデレラ・アンド・コーは、ショップの名前にも「シンデレラ」が入っているように、オリジナルドレスも…続きを読む

静ブライダルサロン

静ブライダルサロンはシンプルかつエレガンスがテーマ 静ブライダルサロンは、オリジナルドレスを中心にウェディングドレス、カラードレス等のブライダルファッショ…続きを読む

ウェディングドレスをオーダーメイドする際の進め方と注意点

女性にとって結婚式は人生の一大イベントでもあるので一生の思い出に残るようにしたいでしょう。

結婚式の内容にも力を入れたいところですが、特にウェディングドレスはこだわりたいものです。

最近ではウェディングドレスをフルオーダーして自分の要望を取り入れる女性も増えてきていますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要がります。

そこでウェディングドレスをフルオーダーする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

半年前から準備を始める

結婚式を挙げる事が決まったら1ヶ月から2ヶ月前ぐらいから準備を始める事が多いでしょう。

結婚式の規模によっては十分間に合うのでそれほど問題が発生する事はありません。

しかしウェディングドレスをフルオーダーする時はデザイン、素材の決定、採寸、仮縫い、仕上げの本縫いなどの作業があるので時間がかかります。

4ヶ月から5ヶ月ぐらいかけて作る形になるので半年前には準備を始めるようにしましょう。

体型をしっかり維持する

ウェディングドレスをフルオーダーする時は依頼してから4ヶ月から5ヶ月ぐらいかかる事が多いです。

もちろん採寸の工程で全身のサイズを測定しますが、ウェディングドレスが完成した時に体型が変化しているとサイズが合わなくなってしまう可能性もあります。

特に採寸した時より太ってしまうと結婚式にウェディングドレスを着用する事が出来ないという問題が発生する可能性も出てきます。

ウェディングドレスをフルオーダーする時は体型をしっかり維持して完成した時に着用する事が出来なくならないように注意しましょう。

肌に優しい素材を選ぶ

ウェディングドレスを着用すると肌に強く密着する部分も出てきてしまいます。

結婚式の時はウェディングドレスを着用する時間も長くなるので素材選びに失敗すると肌が炎症を起こしてしまう可能性もあります。

ウェディングドレスをフルオーダーする時は肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング