大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > ウェディングドレスのオーダーと既製品はどこが違うの?

ウェディングドレスのオーダーと既製品はどこが違うの?


ウェディングドレスのオーダーと既製品はどこが違うの?

ウェディングドレスのオーダーと既製品の一番の違いはお値段の違いです。

一番安くあがる方法はレンタルです。
予約した結婚式場や提携しているドレスショップでレンタルする方法ですが、それなりのクオリティーのドレスをリーズナブルな料金で利用できるのがメリットです。

提携外のドレスショップでレンタルして持ち込むこともできますが、持ち込み料が必要でしょう。
一番多いのは1着あたり20万円前後のウェディングドレスです。

既製品の購入は、ドレスショップで好きなウェディングドレスを購入して式場に持ち込む方法で、最近ではインターネットオークションなんかでも販売されています。
DIYウェディングサイトでもリーズナブルでクオリティーの高いウェディングドレスを入手できます。
それほど品質にこだわりがないならば3万円ほどでありますが、チープな印象です。

セミオーダーとフルオーダーの違い

セミオーダーは、いつくか決まったデザインのウェディングドレスから好みのものを選んで自分のサイズに合わせてつくってもらうパターンです。
素材やデザインによってはプチアレンジもできます。
一から作るフルオーダーよりはリーズナブル。

有名ブランドのウェディングドレスならば20万円から60万円前後。
規模が小さいアトリエなんかでは10万円前後ですから、レンタル料金に近いお値段で用意することもできます。

フルオーダーのオーダーメイドは、いちからデザイナーがデザインします。
いわゆるオートクチュールです。
サイズは当然ですし、装飾や素材などの細かい部分まで自分仕様のオリジナル。
世界で1着のウェディングドレスができあがります。

有名なブランドでは50万円から100万円以上もします。
小さなアトリエでも20万円から35万円はかかるでしょう。

オーダーと既製品どちらを選ぶと良い?

オーダーと既製品を比較して予算に合わせるといいです。
ウェディングドレスを手元に残さなくてもいいならばレンタルする方法もあります。
既製品の場合はデザインが出来上がっているのでイメージ通りのものができます。

すべて自分がこだわったドレスがいいならばオーダーになります。
結婚式場を見つけて契約をしたらドレス選びですが、妥協しないで選びたいですね。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング