大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > ウェディングドレスの持ち込みと結婚式場で依頼するのとの違い

ウェディングドレスの持ち込みと結婚式場で依頼するのとの違い


ウェディングドレスの持ち込みと結婚式場で依頼するのとの違い

ウェディングドレスを持ち込みする場合のメリットとは……
提携しているドレスショップだけでなく、たくさんのドレスショップから運命の1着を選ぶことができます。
結婚式場の提携ドレスショップで気に入ったデザインがあればいいですが、妥協したくなかったら持ち込みは選択肢に入るでしょう。

ドレスショップにはデザイン面で得意分野が違うのです。
好みのウェディングドレスが見つからないこともあるでしょう。
違うドレスショップで、今以上に気に入ったお気に入りが見つかるケースは少なくありません。
持ち込みするメリットはここにあります。

ウェディングドレスを持ち込みする場合のデメリット

ほとんどの場合は持ち込み料が請求されます。
チェックしておかなければならないのは、持ち込み料に何が含まれているかです。
保管料の名目の場合は、ドレスショップから持ち込まれたウェディングドレスの納品チェックも花嫁本人がしなければなりません。

小物などの納品もれがあったりすると挙式前日にバタバタしなければなりません。
挙式場にウェディングドレスを持ち込む場合は費用だけでなく、何が含まれているのかをチェックする必要があります。

衣装以外で持ち込みと結婚式場で依頼するのとの違い

ヘアメイク・写真・ビデオ・引き出物・ペーパーアイテムなども持ち込めます。
ヘアメイクは信頼のおける美容スタッフに任せたい場合は安心できます。
注意しなければならないのは時間管理でしょう。
当日は分単位のスケジュールですから、ヘアメイクのスキルがあっても式場スタッフとの連携にロスがあるとこまります。

写真やビデオは式場で頼むよりも安くなる場合が多いです。
しかし、撮影場所に関しては一般のゲストと同じ扱いになりますし、導線も分かりにくいので撮影のタイミングがズレてしまうこともあります。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング