大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > ウェディングドレスは春夏秋冬の季節でデザインを変えるべきでしょうか?

ウェディングドレスは春夏秋冬の季節でデザインを変えるべきでしょうか?


ウェディングドレスは季節でデザインを変えるべきでしょうか?

季節感を出したい場合はお色直しのカラードレスで演出すべき。
ウェディングドレスと言えば、花嫁さんの基本カラーのホワイトがあります。
最近は、お色直しをしたりパーティーをしたりが一般的になっているのです。

そんな場合はカラフルなドレスを着用して、別のイメージを見て貰いたいこともあるでしょう。
ウェディングドレスはオーソドックスでもカラードレスならば、季節に応じたデザインやカラーで冒険ができます。

カラーウェディングドレスを選ぶときに、どのようにして自分に似合う色を見つければいいの?

お肌の色や体型で似合うカラードレスは決まってきます。
最初にしなければならないことは、自分の髪の毛の色や肌の色を知ること。
例えば、小麦色系の元気なお肌であれば、オレンジ系の黄色がかった色が似合います。
けれども、白いお肌の場合は浮いてしまって不自然です。

体型によって膨脹色は避けたほうがいいですし、デザインにも注意が必要。
反対に痩せている人は、できるだけ明るい色のカラーウェディングドレスにして、貧相な印象にならないように心がけましょう。

カラーウェディングドレスは季節でカラーを変えるべき?

冬ならばダーク系もお洒落な雰囲気に仕上がります。
季節に合わせた色を選ぶのもステキですよね。
例えば春の挙式ならば、ミントグリーンを選ぶと新芽のイメージです。
爽やかなパステルカラーもお勧め。

夏ならば、青空をイメージしたライトブルーや、はっきりしたビビッドカラーがいいです。
秋は、オレンジやイエロー系を使って実りの秋をテーマにしてはどうでしょうか?
冬の挙式ならば落ち着いた色のワインレッドやピーコックグリーンも人気です。

素材で季節感を演出するのもありです。
夏の場合は爽やかさを感じるチュールレースが涼しげです。
冬の場合は温かみを感じさせるベルベットの生地も季節感があります。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング