大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > 伝統的な衣装に身を包む!神前挙式

伝統的な衣装に身を包む!神前挙式


神前挙式とは?

神前挙式とは、主に神社で行う結婚式のことを言います。
最近では和装での挙式に憧れがあったり、白無垢を着たいという花嫁も増え、神前挙式は人気のあるスタイルとなっています。

神前挙式は日本古来の慣習と思われがちですが、実はその歴史は浅く、この挙式が行われ始めて100年なんです。
当時皇太子だった大正天皇が神道をベースとし、神前で挙式を行ったのがキッカケとなり、民間に広まっていきました。

神前挙式の衣装

神前挙式の魅力と言えば、やはり美しい日本ならではの和装でしょう。
普段和装を身に付ける機会がない場合も、一生に一度の挙式で和装を身にまといたいという方も多いようです。

ただ、神前挙式は和装でないといけないという決まりはありません。
とはいえ、せっかくの神前挙式、和装で行うカップルが多いようですね。

新婦の和装衣装

・白無垢
最も格式の高い花嫁衣装として人気なのが白無垢です。
最近では有名人などが白無垢挙式を行うなど、神前挙式で白無垢を選ぶ新婦が多くなりました。

基本的には、打掛、掛下、小物類もすべて白で統一される衣装となりますが、近年では白無垢をアレンジした和装も人気となっており、赤などのアクセントカラーを着物や小物に取り入れたり、大きなヘッドドレスを使って和洋折衷のおしゃれな白無垢で臨む新婦も増えています。

・色打掛け
打掛は室町時代以降の武家の挙式に使われてきた伝統ある花嫁衣装です。
色打掛には古くから華やかで色とりどりの衣装が好まれがちですが、最近ではシックな色合いの色打掛も人気のようです。

色打掛の場合、角隠しというまげを結った髪型をするのが基本でしたが、近年では綿帽子を使用したりと、バラエティ豊かな組み合わせも人気です。

新郎の和装衣装
男性の和装では、白足袋、白草履を履き、黒い五つ紋付き羽織袴を着用するのが主流です。
近年では、黒以外にもグレーや白、青系など、好きなカラーでの着物を選ぶ人も増えています。

神前挙式の費用

神前挙式は、挙式費用として神様に収める初穂料や挙式に使われる和装衣装の費用がかかります。
神前挙式の費用の相場は、5~10万円ほどのようです。

三官演奏と呼ばれる、雅楽の生演奏が付いた場合は、追加料金がかかります。
一般的に、チャペルやホテルなどで行われる挙式よりも、リーズナブルな費用で行うことができるのも特徴です。

また、挙式費用に謝礼が含まれている場合もありますが、含まれていない場合は神社への謝礼として約10万円ほどの謝礼を収めるのが相場のようです。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング