大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > 新郎新婦の身長差がない場合のウェディングドレスシューズ

新郎新婦の身長差がない場合のウェディングドレスシューズ


新郎新婦 身長差がない場合のウェディングドレスシューズ

新郎新婦 身長差がない場合のウェディングドレスシューズとして、どのようなものをはけばいいのか迷うときは、ドレスに着目してください。
新郎新婦の身長差があまりないときは、ドレスが美しく見える高さのヒールを花嫁が履くように心がけ、それに合わせたシューズを新郎が履くようにします。

ウエディングドレスは、基本的には高いヒールをはいて着るものとなっており、これはドレスのすそを踏まないで歩くためのものです。
ですが新郎との身長差があまりないときは、新郎にも厚底のシューズをはいてもらうなどして、対応することも必要です。

写真撮影のとき、新郎新婦の身長差は15センチ程度あると理想的だと言われています。
そのためドレス選びのときから、身長差を考えたお直しをしてもらったり、厚底シューズを用意する段取りを進めることが良い方法です。

花嫁はヒールが高くなって歩きにくい場合は、ヒールの安定感を出すために、太いヒールのものを選ぶようにします。
大抵のホテルならいくつものヒールを準備しているので、太くて安定感のある適切な高さのものを選ぶようにします。

ウエディングシューズは購入するの?レンタルできる?

ウエディングシューズは、ほとんどの場合、レンタルが多いです。
ですが近年では購入することもレンタルすることもできるものが増えていると言われています。

ある意味ウエディングドレスに合わせたヒールは、専用なので他で履くことができません。
そのためレンタルを利用することが多いのですが、個人によっては記念のため、ドレスとセットで思い出として取っておきたい、といったことから購入する方もいます。

購入した場合でもレンタルした場合でも5,000円以内程度で用意できるので、意外とレンタル派が多いと言われています。
歩くときはドレスの前の裾を蹴るようにして、歩くと美しく歩くことができ、転ばずに進むことができます。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング