大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > 母親のウェディングドレスをリメイク

母親のウェディングドレスをリメイク


母親のウエディングドレスをリメイク

自分が結婚式を挙げようとするときに、自分の母親のウエディングドレスがある場合、それをリメイクして着たいと思う女性は意外にも多くいます。

当時のままのデザインで着るよりも、当時の面影を残しつつ、少し手を加える程度のリメイクをして着ることが人気となっています。

大幅なデザイン変更というよりは、サイズや露出度の変更が多くあり、パッと見た目で母親には自分のドレスだとわかるイメージのものが人気を集めています。
まさに、母親のウエディングドレスをリメイクすることで、当時の思い出と目の前の花嫁を重ねてみることができるようなシーンを作り出せます。

リメイクする際には、さまざまな方法があります。
リメイクするウエディングドレスは、大抵の場合が現代よりも少しボリュームがダウンしたデザインで、地味ではないにしろ華やかさに欠ける部分があります。
そのため、ボリュームをアップさせてリボンや花などの装飾をプラスすることも人気のリメイク方法です。

また反対に、ゴージャスすぎる部分にはボリュームダウンを施し、シンプルに仕上げることもあります。
そうすることで品よく見えるドレスに仕上がるため、リメイク方法はたくさんの種類があるといえます。

カラードレスもリメイクできる

カラードレスも、個人によっては保存している方もいて、リメイクすることができます。
お色直しのときに少し奮発して買ったものなどで、大切に保管されていることも多いです。

そういったカラードレスのリメイクも、現代風に装飾をプラスするか、大げさな部分はボリュームダウンするなどして、リメイクすることが多く、当時のイメージを残しつつも新しいカラードレスに仕上げられると評判になっています。

カラードレスも購入すれば数万円程度から10万円以上もすることもあるので、リメイクする方が楽しめる、思い出深くなる、さらに保管しておきたくなるドレスに生まれ変わることができます。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング