大阪のオーダーウェディングドレス > 基礎知識 > 背が高い花嫁が似合うウェディングドレスの形とは?

背が高い花嫁が似合うウェディングドレスの形とは?


背が高い花嫁が似合うウェディングドレスの形とは?

身長が高いことを最大の強みに変えるには、横に広がらないシルエットを選ぶことです。
横に広がるようなデザインを高い身長の花嫁が着用すると、縦にも長く、横にも長くなります。
こうなると全体的に大きく見えてしまうのです。

新郎に威圧感を与えるようなイメージになりますから、スリム系のウェディングドレスを選ぶほうがスッキリおとした印象になります。
Aラインのウェディングドレスを選ぶ場合は、ミニ丈のものを選ぶとスタイルが良く見えるでしょう。

背が高い花嫁は高さを隠さないほうが似合います!

スタイルの良さを前面にアピールしたほうがステキです。
身長を気にしてローヒールにしてみたり、ドレスの丈が中途半端になるとバランスが悪くなります。
膝丈のミニドレスと7センチヒールなんて、高身長でしか着こなせません。
スラリとしたゴージャス感と他の人に真似ができない印象になり格好良いです。

ショーウィンドウを参考に

背が高い人はショーウインドウに飾られているタイプと同じ印章になります。
ディスプレイされているマネキンは一般の女性よりも大きめに作られています。
ドレスショップでマネキンが来ているドレスと同じイメージで着ることができるのも高身長だからです。

また海外ブランドのウェディングドレスであっても高身長の花嫁さんにはピッタリのサイズがあります。
しかし、悩みもありますよね。
高いヒールが履けないのがあります。

一般的にウェディングドレスは10センチ前後のヒールが前提にデザインされています。
日常的にこれほどのヒールを履いている女性は少ないでしょう。
ウェディングドレス専用の靴は安定感があります。
ぐらつかない構造になっているので大丈夫。

しかし、高身長の花嫁が履くと、新郎や父親とバージンロードを歩くときに身長の差が目立つ場合は、ローヒールを選ぶしかありません。

基礎知識

芸能人のウェディングドレス

ウェディングドレスブランド

人気ショップ紹介

サイトマップ
徹底比較ランキング